Archive for the お金を借りる Category

11月 18 2015

お金を借りる前に自分の必要を確認して

経済的に困窮しているのならなおのこと、お金を手に入れる必要があります。どうしてなのかそれを言うまでもないことですが、そもそも衣食住を安定させるためにはある程度のお金を手に入れて、適切にそれを支払う必要があるからです。
お金の運用にはいつも注意を払っておく必要があるのですが、そもそもどうやってそのお金を手に入れるのか。それも大切なことです。適切な流れに沿ってお金を手に入れること。決して犯罪にも手を染めず、誰にも迷惑をかけない形でお金を手に入れるにはどうすれば良いのでしょう。多くの場合、消費者金融や銀行が運営するカードローンでお金を借り入れることが有効だと言われています。


○お金を借りることに対する抵抗感○

借金という言葉に嫌悪感と言っても良いほどの抵抗を感じてしまう人もいるはずです。
それは過去にカードローンを利用してお金を借りることを選んだ人の多くが、その返済に苦しみ、今より法制度が整っていなかったころはもっと苦しんでいた人が多かったと言われています。
当然法制度が整った今もその返済過程で躓いてしまう人は少なくありません。
そういった人の中には自己破産という選択肢を選ぶ人もおり、そのキャッシングの負担があなたの上に重くのししかるのだということ。それがよくわかるのではないでしょうか。
どのような手順に従ったとしても、お金を借りることには一定のリスクが伴うのだと、強く自分に語りかけておくことにしましょう。


○どうしてお金が欲しいのか○

自分の欲望の根源にももう一度考えを向けてみることが良いはずです。
自分の欲望のベクトルはいつも自分の正直な気持ちが向くはずです。どれだけ社会に取り繕って生きても、お金が必要になるタイミングは自分の本当に本質が求めるもののはず。
カードローンならそのあらゆる場面にお金を借りることができるでしょう。

6月 12 2015

初めてお金を借りるなら消費者金融か銀行か?

初めてお金を借りるとなると、いろいろと不安になることが多いと思います。
ちゃんと返していけるのか、払いすぎてしまわないか、借金地獄に陥らないか・・・。
大事なお金のことを考えるとネガティブなことばかりが頭に浮かんできてしまいがちですが、先にある程度の知識を身につけておけば大丈夫です。
今回は借り入れ先選びの第一歩として、消費者金融と銀行ではどちらが初心者向けかということについて考えていきましょう。


○お金を借りることに特化している消費者金融をお得に利用する○

消費者金融の中には、お得な無利息キャンペーンを行っているところがあります。
たとえば大手のアコムは、30日間の借り入れ・返済で利息が0円になる無利息キャンペーンを行っています。
通常のキャッシングだと、お金を返す際、元金に利息を足して返済を行うわけですが、この場合は元金だけの支払でいいのでとってもお得です。
お金を借りるときのシステムを知りたいと思っている方は、このキャンペーンをぜひ利用してみてください。


○長期の借り入れなら金利の低い銀行がおすすめ○

一方、銀行は低金利で借り入れができるので、長期的に見ると消費者金融よりもお得にお金を借りることができます。
これから何回もお金を借りることになるかもしれない、毎月コツコツと返済を行っていきたい、普段使い慣れているところでお金を借りたほうが安心できるという方はこちらのキャッシングを利用するといいでしょう。
ただし、銀行カードローンの場合は口座を持っていないといけないので注意してくださいね。

<PR>
おすすめ!キャッシング一覧(おすすめのキャッシングサービスの比較サイト)

1月 27 2015

誰からお金を借りる?

お金が欲しい、そう思っているのは人間だれしも同じで、皆一様にお金を求めています。
お金をもとにした争いやいさかいは昔からずっとあるもので、中には物騒な事件の引き金になってしまうことも多いです。
お金を手に入れる手段も多く思いつきますよね。やはり一番確実なのは、コツコツ働いて、それでお金を稼ぐことです。他にも品物を売る、何かサービスを提供してその対価としてお金を受け取ることもできます。中には、お金を人から奪うなんて悪事を働く人もいるでしょう。
そして、確実性、お金を手に入れるまでの時間も短く済ますことができる手段として、お金を借りるということがあげられます。


◦誰からお金を借りる?◦

お金を借りる、と一口にいってもそんなに簡単なことではありません。通りすがりの人に「お金貸してください」といったところで誰が貸してくれるでしょうか。お金を借りるには、お互いのことを知り合っており、信頼関係も出来上がっている状態でないと借りるのは難しいです。
「信頼貯金」という言葉をご存じでしょうか。人と人の関係において知り合えば知り合うほど深まっていく「信頼」これは、お金のようにじっさいは存在しない口座に振り込むようにして貯めていき、信頼が裏切られたと感じた時引き下ろすのです。
そういうふうに、信頼関係はお金を貯めるようにコツコツと高めていくものです。そして、特に血のつながりも無い友人からお金を借りるときにはこの信頼関係がかなり高い状態でないと難しいのです。


◦貸金業者からお金を借りることについて◦

つまり、誰からお金を借りるとしても、それなに見合った対価や報酬が求められるということです。友人関係の場合なら、信頼関係がお金を貸す対価です。
そして、最近テレビや電車で見かけることが多くなった消費者金融などの場合はどうでしょうか。消費者金融はお金を貸すことを専門にした業者です。当然貸金業者とは信頼関係ができていませんから、いったい何を求められるのでしょうか。消費者金融や銀行からお金を借りる場合求められるのは「利息」と求められる、付加されるお金です。
銀行の住宅ローンなどの場合なら土地や融資住宅そのものを担保として求められる場合が多く、ローンを受け取るのには別途保証人が必要な場合もあります。
利用が簡単で、申し込みも気軽に行えるカードローンなら、その気軽さのぶん大目に利息がかかってしまうという側面があります。気軽にお金を貸す代わりに求める対価も多くなるのです。

10月 16 2014

介護ローンとしてお金を借りる

若い頃に大きな病気をせずお年を召された方の中には、老後も大丈夫だろうと保険などにあまり向き合わなかった方も多いと思います。元気だった方でも、突然病気を発症する方が沢山いるのです。いざ介護をすることになっても、お金がない場合にはお金を借りる必要があります。


銀行の介護ローンでお金を借りる

介護ローンという制度を設けている銀行もあります。普通に借りるより金利が安く、年金でも充分に返済をしていける返済額のものもあります。今までの貯金と今後にどのくらいお金がかかるのかを計算し、介護ローンでもっともご自分に合ったプランを探して見てください。各銀行の窓口で相談をすることも出来ます。電話でも対応可能なので、不安な方は一度相談をしてみてはいかがでしょうか。


介護の仕方で費用は変わる

介護には様々なやり方があります。ご自分の家で介護をする方や、施設に入って介護を受ける方もいます。家族で全ての世話をするやり方や、訪問介護のサービスで、ヘルパーの方に介助や食事の準備をしてもらうやり方もあります。それぞれでかかる費用が異なりますので、介護が必要な方自身やご家族の意思のもと、何が一番必要か考え、その上で介護ローンを組む必要があります。

いざという時のために必要な費用がない場合は、お金を借りることも大切です。安心して介護をすることが出来るよう、普段から介護ローンなどの制度について意識してみてください。

8月 29 2014

お金を借りることができる制度とは?

お金を借りることに抵抗がある方は多いと思います。反面、一度お金を借りると歯止めが利かなくなり、あっと言う間に多重債務者という方も多いようです。
でも、要るものは要ります。
そして、10人ひとがいれば、10の事情があるでしょう。
その事情に応じて、公の貸付制度がいろいろあります。多重責務者になる前に、あらゆる情報を集めて判断しませんか?


<女性は必見!いっぱいある女性向け支援制度>

子育て中のワーキングマザーの方には、ぜひ、お住まいの役所のホームページで探してもらいたいのですが、子育てに関する支援制度は必ずと言って良いほどどこの地方自治体にもあります。出産費用でお金を借りることができ、、時には返さなくていい場合もありますので、しっかりと目を皿のようにして探してください。というのも、こういった地方自治体の場合、そういったサービスを宣伝しません。あくまでも、申告制ですから、調べないと損なんです。


<男性なら起業支援制度>

女性に比べると、男性の支援制度というものはほとんどありません。
ただ、これもネットで探してみると面白い企画ものがヒットしたりします。
たとえば、「起業支援制度」。どこのお役所だったか忘れましたが、ユニークな起業計画のコンテストなどを開催して、その優勝者に2000万の起業資金提供、なんていうのがありました。実際にお金が無くて、起業したくてもできない、という方にはうってつけだと思います。ご自分の抱える悩みになんらかの支援はないか、とりあえず、情報ですね。

8月 1 2014

お金を借りることができる人はどんな人?

お金を借りるには、条件があります。審査対象の条件などは公式ホームページなどにも記載されていますが、簡単に頭に入れて置くといいかと思います。クレジットカードとは条件が異なる部分などもありますし、年齢以外の条件も覚えやすいものですよ。


お金を借りるには二十歳から

お酒と同じですね。クレジットカードでは18歳から、お金を借りるわけではなくても後払いという仕組みの信用取引を行うことができますが、お金を借りる、現金の場合には二十歳からとなります。これは社会的な責任などの所在も関係してくるようです。自分でアルバイトなどをして収入があっても、消費者金融を利用するには年齢も関係します。高齢者は審査に通りにくくなるという声もありますが、70歳程度までなら利用できることも多いようです。


条件は自分に収入があること

条件は一般的に、自分自身に、自分名義の収入があることと覚えておくといいと思います。ネットバンクなど一部の銀行系キャッシングでは、専業主婦も配偶者との収入合算を利用して審査に通ることもありますが、消費者金融では適用されませんから、自分がお金を借りるには、自分で稼いでいることを前提にしておくと安心という感じですね。

6月 19 2014

お金を借りることが癖にならないように

人間は同じことを繰り返していく内に、少しずつ慣れてそれが出来るようになってきますよね?
それは、お金を借りる時も一緒であまりにもお金を借りすぎてしまうと、それが癖になってしまいますので注意を。
管理がしっかりできる人や自分をコントロールできる人ならいいのですが、だらしない人などはあまり借りない方が◎。
だらしない人は何度も借入を繰り返しているのに返済しなかったりする人が多いので、それはよくないですね。


お金を借りるのはいいけれど

金融機関を頼るのは悪い事ではありませんが、何かあるたびに駆け込むのはやめた方がいいかもしれません。
確かに即日融資をしてもらえたりして簡単にお金を借りることが出来ますが、それに依存してしまったら大変ですからね。
借りてばかりで返済できない状態になってしまったら、待っている道は自己破産なので恐ろしいことに。
正しくお金を借りるようにして、毎回きちんと返済していれば何も怖い事は無いので安心して利用出来ますよ。


在籍確認をしたくない

審査で本当にその会社に在籍しているのか確認されるのですが、中にはそれが嫌だという人もいますよね?
出来ればしてほしくない、そんな人にはモビットのネット完結をオススメしますので試してみてはどうでしょうか?
ネット完結の申し込みだったら、在籍確認をしなくてもお金を借りる事が可能なんですよ。

6月 19 2014

お金を借りるなら最後まで責任を持って

何かをするには必ず責任をもってすると思いますが、それは金融会社を利用する時も同じだと思います。
お金を借りるというのは借金をするという事なので、後日返済をしていくことになりますから責任感が必要です。
返済できないのにお金を借りてしまうとそれは詐欺行為にあたりますから、気を付けるようにして下さい。
前もって自分の返済能力を把握しておくことが大事なので、自分がどのくらいなら返済できるのかよく考えてみて。


お金を借りるときの緊張感

これから初めて金融機関を利用する人は大丈夫だとは思いますが、何度か利用している人は平気で使っているかもしれません。
ですが、自分が初めてお金を借りる時のあの緊張感を常に忘れずにしてもらえればと思うんです。
金融機関を利用することが当たり前になってしまったら困りますし、依存してしまうと今度は返済が出来なくなってしまいます。
だから、緊張感と責任感を持ってお金を借りるようにして下さいね。


闇金融に手を出さないで

近年では闇金融が増えているから、引っかからないようにしてもらえればいいですね。
もっともらしいことを言って騙そうとしてくるので、騙されてお金を借りる何て言う事のないように。
一番いいのは、その金融社名を入れてネット検索をすることだと思います。

6月 19 2014

困った時にお金を借りる

皆さんは、どんな時に消費者金融や銀行に頼っていますか?
多くの人は、お金に困ってしまった時にお金を借りると思いますが、その理由は人によって違いますよね?
例えば、生活費に困っているとか冠婚葬祭で必要になってしまったとか、どんな目的でもお金を借りる事が出来ます。
金融機関の中には、目的ローンと言って冠婚葬祭の為に使えるプランもあるのでそちらがオススメだと思います。


お金を借りるには申し込みを

いきなりお金を貸して下さいといっても、それは出来ないのでまずは申し込みから始まります。
申し込みは、電話やネットから、窓口などから出来るようになっていますから、自分の都合に合わせて申し込みをしてみて。
時間がかからないようにはなっていますが、ネットから申し込みをした方が早くていいのではないでしょうか?
入力していく際には、入力ミスをしていないか何度か見直すようにしてから送信をするようにして下さいね。


低金利の場所を選ぼう

返済の事を先に考えている人は少ないかもしれませんが、なるべく先に返済を考えるようにした方がいいと思います。
お金を借りるなら低金利の場所にしておく方が、返済時の負担も少なくなりますしお財布にも優しくていいですよ。
即日融資をしてもらえることだけに注目して、金利を見落としていた!という事のないように。

6月 19 2014

お金を借りる目的をはっきりさせよう

お金が必要になってしまった時借りる人もいますが、中には違った目的で借りている人もいるみたいですよ。
自分が返済できるのであれば、何に使うのか目的は自由で構わないと思いますから、たまには頼ってみませんか?
また、給料日前で少しお金が足りないなんて言う時にも、お金を借りる事が出来るのですごく助かります。
目的をはっきり決めておけば、返済のめども立てやすくなって良いと思うので、目的をしっかり決めるようにして下さい。


お金を借りるのは必要な時だけ?

お金の管理をしっかりできる人であれば、ちょっとしたときにでも金融機関を利用してもいいと思います。
ですが、お金に対してルーズな人の場合はお金を借りる事ばかりを考えて返済をないがしろにしてしまいがちです。
ですから、そういう人は必要な時以外の利用は出来るだけ避けるようにした方がいいのではないでしょうか?
しっかりしている人であれば問題はありませんが、出来れば必要ない時以外にお金を借りるのは避けるべきなのかも。


審査は厳しいですか?

まず、申し込みをして審査をしますが、どんな人が通りやすいと思いますか?
それは、安定した収入を得ている人や勤続年数が長く安定していて、他社からの借入が少ない人なんだそうです。
落ちてしまうのは、その逆の人なのでお金を借りるどころか審査に落ちてしまうので、注意が必要です。
まずは、審査について少し調べてみることをオススメします。

6月 18 2014

アルバイトでもお金を借りることは出来ますか?

何歳から金融機関を利用できるのかと言うと、20歳からとなっています。
それなので、早ければ大学生から金融機関を利用することが出来ますが、ある条件を満たしていればの話なんです。
それは、安定した収入を得ている人や他社からの借入が少ない人であれば、アルバイトでもお金を借りることが出来ます。
もちろん、条件を満たしているのであればアルバイトだけではなくてパートや派遣でも大丈夫みたいですよ。


お金を借りるならまず診断をしてみよう

借入診断をしてから申し込みをする方が確実だと思いますから、まずは診断をした方がいいと思いますよ。
その診断で問題なければそのまま申し込みをしていいですし、何か問題があれば解決させてから申し込むことが出来ますよ。
また、意外にも勤続年数で引っかかって審査に落ちてしまう人もいるみたいなので、気を付けるようにして下さいね。
お金を借りるには、まず審査を通り抜ける準備をした方がいいという事でしょうね!


体験談を覗いてみよう

チェックしてほしいのは、実際に借入した人たちの体験談なんですよね。
その人がお金を借りることによってどうなったのかという事を知ることで、自分に活かせると思うんです。
失敗談を見れば自分もそうなってしまわぬよう、気を付けることが出来ますよね?