Archive for 8月, 2014

8月 29 2014

お金を借りることができる制度とは?

お金を借りることに抵抗がある方は多いと思います。反面、一度お金を借りると歯止めが利かなくなり、あっと言う間に多重債務者という方も多いようです。
でも、要るものは要ります。
そして、10人ひとがいれば、10の事情があるでしょう。
その事情に応じて、公の貸付制度がいろいろあります。多重責務者になる前に、あらゆる情報を集めて判断しませんか?


<女性は必見!いっぱいある女性向け支援制度>

子育て中のワーキングマザーの方には、ぜひ、お住まいの役所のホームページで探してもらいたいのですが、子育てに関する支援制度は必ずと言って良いほどどこの地方自治体にもあります。出産費用でお金を借りることができ、、時には返さなくていい場合もありますので、しっかりと目を皿のようにして探してください。というのも、こういった地方自治体の場合、そういったサービスを宣伝しません。あくまでも、申告制ですから、調べないと損なんです。


<男性なら起業支援制度>

女性に比べると、男性の支援制度というものはほとんどありません。
ただ、これもネットで探してみると面白い企画ものがヒットしたりします。
たとえば、「起業支援制度」。どこのお役所だったか忘れましたが、ユニークな起業計画のコンテストなどを開催して、その優勝者に2000万の起業資金提供、なんていうのがありました。実際にお金が無くて、起業したくてもできない、という方にはうってつけだと思います。ご自分の抱える悩みになんらかの支援はないか、とりあえず、情報ですね。

8月 1 2014

お金を借りることができる人はどんな人?

お金を借りるには、条件があります。審査対象の条件などは公式ホームページなどにも記載されていますが、簡単に頭に入れて置くといいかと思います。クレジットカードとは条件が異なる部分などもありますし、年齢以外の条件も覚えやすいものですよ。


お金を借りるには二十歳から

お酒と同じですね。クレジットカードでは18歳から、お金を借りるわけではなくても後払いという仕組みの信用取引を行うことができますが、お金を借りる、現金の場合には二十歳からとなります。これは社会的な責任などの所在も関係してくるようです。自分でアルバイトなどをして収入があっても、消費者金融を利用するには年齢も関係します。高齢者は審査に通りにくくなるという声もありますが、70歳程度までなら利用できることも多いようです。


条件は自分に収入があること

条件は一般的に、自分自身に、自分名義の収入があることと覚えておくといいと思います。ネットバンクなど一部の銀行系キャッシングでは、専業主婦も配偶者との収入合算を利用して審査に通ることもありますが、消費者金融では適用されませんから、自分がお金を借りるには、自分で稼いでいることを前提にしておくと安心という感じですね。